正社員のメリットって女性はあまりない?デメリットと比較すると!?

正社員メリットって女性あまりない?デメリット比較すると!?

女性正社員の社会進出が進んでも、「メリットってない」と感じる人が多くいます。

 

少子高齢化が進む現代において女性正社員の雇用が困難となれば、日本の労働人口の課題は解決できませんから、メリットがないのは大問題です。

 

女性正社員が「メリットってない」とするのは真実なのか、デメリットと比べながら紹介します。

女性正社員がメリットがないと考える4つの理由!

女性正社員に「メリットってない」などの意見がありますが、本当にそうなのでしょうか?

正社員 メリット ない

女性正社員のネガティブワードを無視することはNGですが、勤め先でメリットを感じアクティブに活躍する人がいるのも事実です。

 

まずは、女性正社員が「メリットってない」と思わざるを得ない事例をあげてみます。

 

勤務実態から見えてくる女性が正社員のメリットを感じられない理由とこれから!

女性正社員の退社時間が定時を過ぎ、24時以降になる勤務実態では「メリットってない」と考えても不思議ではありませんよね。

 

働き方改革において残業の短縮は至上命題であり、法改正もあったことから全ての企業が勤務実態の把握と改善に乗り出しています。

時短 正社員 メリット

つまり、アフターファイブの予定も立てられない勤務実態では、その会社は成り立たないことが予想されなりますから、早い段階で改善され「メリットってない」と感じることもなくなりますよ。

 

正社員なのに雑用ばかり!女性軽視がメリットを台無しにした実態とは!!

女性正社員なのにメリットって感じないばかりか、雑用を押し付けられる、責任だけは負わされるといったリアルな本音が一部の現場では渦巻いています。

 

職務に対して責任を持つのは社会人の義務であり、女性であっても変わりません。

しかし、苦痛ばかりで「メリットってない」と感じるのであれば、企業固有の体質が原因です。

 

そこで、あなたの勤め先に女性を軽視する古めかしい体質が残っているなら、社風なのか一部社員の考え方なのか、今一度見極めてみましょう。

 

万一、会社全体にそういった古めかしい体質が残っているなら、「メリットってない」と感ずる状況が改善される可能性は低いので、活き活きと働ける仕事場を探すのも選択肢の一つですよ。

 

人間関係に疲れた女性正社員がメリットを取り戻す方法とは

最近は、煩わしい人間関係嫌うが多く、公式な飲み会であっても平気で出席しない人も多くいますよね。

 

しかし、女性正社員世話係を押し付けられることもあり、泣く泣く参加することもありませんか?

 

さらに、会社には「お局さま」など、女性正社員固有の人間関係あり「メリットってない、デメリットばかり」と思うのも致し方ありませんよね。

 

人間関係は、女性正社員を悩ませる要因の一つですが、社内でのポジションがワンステップ上がると周囲との関わり方に変化が生じてきますので、デメリットからも解放されますよ!

 

泣き寝入り無用!女性正社員がハラスメントを撲滅するメリットとは

マタハラなどハラスメントの問題は後を絶たず、標的にされるのは圧倒的に女性正社員であるのが実情ですよね。

 

さらに、大半は泣き寝入りしますから退社に追い込まれる女性正社員が増えているのも致し方ありません。

 

しかし、マタハラなどのハラスメントが社会問題として報道されると、国や企業として対策しないわけにはいかなくなります。

 

そこで、ハラスメント対策の一環として、企業は相談窓口を設けていますが、相談員に女性正社員登用する会社が増えています。

 

つまり、理不尽なマタハラにも泣き寝入りすることはなくなりますし、ハラスメントのない職場づくりに貢献することも可能ですから、「メリットってない」と感ずることもなくなりますよね。

 

実はたくさんある!女性正社員に与えられる5つのメリット

女性正社員が「メリットってないとするのは勤務実態や、煩わしい人間関係、マタハラなどに多くの原因が含まれているからです。

 

これだけ列挙すると悲観的になりそうですが、女性正社員にはデメリット上回るメリットって真にないと言えるのでしょうか?

 

そこで、女性正社員にしか与えられないメリット5つに絞って紹介します。

 

転職や結婚に有利に働く女性正社員だけのメリットとは

女性正社員のメリットの一つに、対人関係において相手に「好印象を持たれる」ことがあげられます。

正社員 メリット 女性

平成初期における日本経済の低迷によって、各企業ではリストラや早期退職を余儀なくされ、非正規社員を雇用せざるを得ませんでした

 

その結果、最近になっても学校を卒業しても定職に就かず非正規社員で過ごす人がいますが、生活が安定することはありませんし、社会的信用も低いのが実情ですよね。

 

それだけに、女性正社員だと様々なシーンで「真面目だ、信用できる」といった好印象を持ってもらえるんです。

 

とりわけ、結婚転職など人生の転機において、相手に好印象を与えることができるのはメリット以外の何物でもありませんよね。

 

本当に正社員なら取れるの?産休や育休の現状とこれから

産休育休が取得できるのは、女性正社員ならではのメリットです!

 

日本人口の少子高齢化は、歯止めの効かないところにきており、労働人口は年々少なくなっていますから職場では要員不足が顕著ですよね。

 

そこで、カギを握るのが潜在的労働力の発掘であり、とりわけ女性正社員の確保なんです!

しかし、出産や育児のために辞めなくてはならないような勤務先では、女性社員から「メリットってない」と思われますから、将来展望が見えなくなってしまうんですよ。

 

これからは、出産・育児に対するケアが重要ですから、制度の充実は当然として、職場復帰後の処遇についても対策を講じ、メリットが感じられる職場環境とすることが必要不可欠なんです。

 

女性の正社員は優遇される!?給与面のメリットが凄い

男女雇用機会均等法により、給与面において男女の格差なくなりました。

同一労働 同一賃金 正社員 メリット

「女性正社員なのに安月給だ」は大昔の話であり、原則、性別で給与差が出ることはあり得ません。

 

これまでは、女性正社員が産休や育休を取得した場合、その期間の定期昇給が見送られますから、同じキャリアであっても給与差が出ることはありました。

 

しかし、それさえも補償しようという会社もありますから、産休・育休の充実した制度とともに、女性正社員にとっては非常に喜ばしいことであり大きなメリットですよね。

 

女性正社員のメリットとして「管理者に早くなれる」のは本当か

各企業では女性正社員管理者登用が盛んですから、男性よりも早く管理者などの要職に就けるといったメリットがあります!

 

同じキャリアでありながら、出世が早ければ生涯賃金にも大きく影響しますから、昇進制度の充実は女性正社員にはメリットって言えるでしょう。

 

ただし、育成システムが構築されていないと、苦労するばかりで「メリットってない」と思われるだけでなく、女性正社員の登用が難しくなります。

 

そこで、それぞれの企業では、女性正社員に特化した管理者育成プログラムを編集したり、別に登用枠を設けるなど、多様な対策を実践しているんですよ。

 

女性正社員のメリットとデメリットを比較してみた!

女性正社員のメリットは、賃金・休暇・出世といった処遇面に現れていますが、それだけでデメリット克服できるものではありません。

 

言い換えると、人それぞれが持つ将来ビジョンや企業の体質によって、メリットを感じられるか否かが決まってくるものです。

 

そこで、メリットとデメリットを比べるとともに、女性正社員の転職について解説します。

将来ビジョンの有無でメリットが大きくなる?女性正社員の生きる道とは

女性正社員にとって「仕事をずっと続けて要職に就くといった将来ビジョンの有無が、「メリットってない」と感じるか否かに大きな影響を与えます。

 

つまり、仕事を続けたいと思うなら、デメリットよりもメリットが上回っていると感じることができるでしょう。

 

しかし、いずれは結婚して家庭に入りたいと思うなら、女性正社員でいることにメリットどころか苦痛を感じることも多くなるでしょう。

 

ちょっとストップ!女性正社員の転職にメリットはあるのか?

会社のシステム・風土が世間の流れに追いついていない、もしくは、追いつく気がないのであれば、残念ながらデメリットが解消され、メリットを感じられる可能性はないと言えます。

 

そうなると、別の会社への転職が一番の解決法になります。

女性正社員は求人数も多いので、自分に合った仕事場を見つけられる可能性は高いでしょう。

 

その際に確認したいのが、将来にわたって女性正社員として仕事をしたいのか、また、なぜ今の職場にメリットでなく苦痛を感じるのかを明確にすることです。

 

そして、転職先にメリット表示はありませんから、自分の目で賃金面福利厚生、早期昇任といった処遇が優遇されているか、マタハラなどの対策勤務実績が良好かを見極めることが大切です。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました